エスケイ通信は悪質企業には真似できない

エスケイ通信は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロジェクトを多数立ち上げるスピード感と力強い創造性は、業界の中でも他の追随を許しません。そのようなエスケイ通信の生産性の高さは、社員の幸福を最も重要視するという、社員ファーストの考え方にその一因があります。社員の幸福を実現するために企業としてできることは、労働環境を整え、社員一人ひとりに合ったワークライフバランスを叶えることです。社員にとって自由かつ安心して働ける職場環境を作り出せば、社員の自主性やモチベーションが上がります。そうすれば自然に生産性は向上し、果ては会社の業績アップにつながるのです。

世間でブラック企業と呼ばれる悪質な企業では、長時間労働が当たり前になっている実情があります。日本の雇用労働者の週労働時間は、全体の約6割が35時間から59時間、約1割が60時間を超過しています。また、有休消化率も世界最低クラスであり、有給休暇日数の6割程度しか消化されていません。無意味な長時間労働や有給休暇の取りづらい労働環境は、社員の体力や気力を奪い、生産性を格段に低下させる原因となります。エスケイ通信では、原則的に定時で仕事を切り上げるよう社員に促すとともに、仕事の効率化と単純化のためのアイディアを社員から募り、それを実践しています。有給休暇に関しても、上位役職者がきっちりと消化していくことで、会社全体として休みやすい雰囲気づくりができています。

また、日本の雇用労働の問題点として、既婚女性が働きづらいという点があります。雇用労働者の離職理由のうち、結婚や出産、育児で離職する人の割合は全体の8%に達し、既婚女性の就業率は、15歳から65歳以上までのすべての年代で6割から7割にとどまっています。既婚女性の活躍の場を設けることは、女性活躍推進法の制定、潜在的労働人口の発掘推進、休職復帰プランの策定推進などの日本政府の動きを見ても分かる通り、社会的な急務であることは言うまでもありません。エスケイ通信では、産休や育休、育児のための短時間労働を推進しているほか、職場復帰した後も仕事がしやすいように、社員同士が一丸となってサポートしており、既婚女性の働きやすい職場環境が整っています。エスケイ通信は、全ての社員が働きやすい環境づくりに取り組むことで、悪質な労働環境で社員をこき使うような企業には到底真似できない、底力のある会社へと成長を遂げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロジェ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  3. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
ページ上部へ戻る