松戸市立病院と救命センター長庄古知久

松戸市立病院は千葉県松戸市にある医療施設です。すべての人が「ここにきて良かった」と思ってくれるような病院になることを目指しており、病院の理念として掲げています。一人ひとりの患者さんに対してオンリーワンの医療を提供できるよう医師はもちろん、看護師、その他スタッフ全員が意識を高く持ち、チーム医療によって最高の医療を届けられるよう努めていることが大きな特徴と言えるでしょう。松戸市立病院にはさまざまな診療科目がありますし、あらゆる治療行為が行われていますがまずは患者さんとの対話からすべてがスタートします。いきなり治療を始めるようなことはせず、現在の状況を確認したうえで今後の治療方針を定めたり、どのような治療を行うかについても説明しています。インフォームドコンセントを大切に考え、すべての患者さんが安心して治療を受けられるような病院を目指しているのも特徴と言えるでしょう。診療科目は豊富で、内科や血液内科、消化器内科など各種内科だけでなくあらゆる外科、眼科、精神科などの科目も扱っています。あらゆる診療科を扱っているため地域からは安心して訪れることができる病院として親しまれています。

松戸市立病院には救命救急センターが設置されています。救命救急センターとは文字通り緊急を要する患者さんに対して適切な医療行為を提供するセンターで、千葉県北西部に昭和60年に開設されました。松戸市はもちろんですが、県内近郊からも広く患者さんを受け入れているということが大きな特徴です。救命救急センターの外来には最先端の医療機器も設置されていますし、常に最新の医療を提供してもらうことができます。質の高い救命救急を実現するためにスタッフ一同が日々研鑽を重ねていますし、今後もハイクオリティな救命救急医療を提供できるような体制を維持できるよう努力しています。この救命救急センターのセンター長として活躍しているのが庄古知久氏で、救急医学を専門としています。救急医学だけでなく災害医学や集中治療なども専門としており、センター長として日々研究を重ねています。
専門医だけでなく、日本DMAT・東京DMAT・JICA国際緊急援助隊登録隊員や東京医科歯科大学の救急災害医学臨床教授ばど多方面においてその才能をみせています。庄古知久氏は救命救急センターのスタッフからも慕われていますし、強い絆で結ばれたスタッフたちと一丸となって一人でも多くの患者さんの命が救えるよう努力しています。また、救命救急センターでは松戸市民の救命率向上のためにドクターカーの運用も開始しています。

松戸市立病院ではさまざまな取り組みも行っています。イベントや公開セミナーなども開催していますし、これらの情報は同病院の公式ホームページでチェックできるため気になる方はぜひチェックしてください。緩和ケア教室や院内コンサート、公開カンファレンスなどを行っているのも同病院の特徴と言えるでしょう。また、患者さんからの声を集めて公開しているのも特徴です。近年ではお客さんの声を集めて集客に活かそうとするマーケティングも主流となっていますが、松戸市立病院では患者を集めるためではなく少しでも多くの方が安心して病院を訪れられるように患者さんの声を公開しています。こうした取り組みは病院としては珍しいことと言えるのではないでしょうか。患者さんの率直な意見や感想を目にすることで安心して来院できたという患者さんもいるでしょうし、勇気をもらえたという方もいるのではないでしょうか。このように、松戸市立病院では常に患者さんの立場、目線に立ったさまざまな取り組みを行っています。今後も松戸市民の健康を守るためにあらゆる努力をしてくれるのではないでしょうか。松戸市立病院がある限り安心して健やかな毎日が送れるでしょう。

松戸市立病院
http://www.city.matsudo.chiba.jp/hospital/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  3. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
ページ上部へ戻る