春次賢太郎の日本画

春次賢太郎は、自分でも日本画を作成しています。最近は仕事が忙しいので作品制作のペースが落ちていますが、数年に一枚程度のペースで作成は続けています。また、公民館を利用して格安で初心者の方に日本画の描き方を紹介しているカルチャースクールの講師をしています。報酬は微々たる物ですが、それ以上に、日本画の魅力を伝えられる事に生きがいを感じているみたいで、月に2度のカルチャースクールの講師を積極的に続けています。また、近所のお子さんに絵を教えるスクールも行っていて、近所の幼稚園から小学校の低学年の方を中心に教えています。

通常、日本画を始めるには、初期投資が結構かさみます。その為、敷居が高いと言われていますが、カルチャースクールでは、必要な道具を貸し出してくれる制度がありますので、生徒さんも気軽に参加する事ができ、今では予約が取れにくい人気スクールにまで成長しています。

最近では、スクール以外でもインターネットの通信販売などで購入する事ができます。インターネット通販では、岩絵具初心者用キットなどが販売されていますが、しっかりした物で無い為、初心者の方には扱いが難しく、日本画を作成する前に諦めてしまうのがパターンになっています。

もちろん、初心者の方が日本画のプロの方が使用している元と同じものを購入してしまっても、全てを使いこなす事が難しいですし、値段も高くなっていますので、高いお金をかけても元がとれないと思います。日本画を始めるためには、必要な画材や筆などのアイテムの選定がとても重要になります。

しかし、日本画の知識が無い方や、日本画を見る知識があったとしても、自分で作成した事が無い方にとっては、道具を選ぶ事はとても難しい問題になってきています。もちろん、春次賢太郎自身も最初から高いプロ使用の物を購入する事はおすすめしていません。

自分で選べない方の場合には、春次賢太郎に相談して頂ければ、ご予算に合わせて選んでもらう事ができます。春次賢太郎は一人でも日本画に興味を持ってもらえる事が嬉しくて仕方がないので、もし日本画に興味が出てきたら春次賢太郎に連絡を取って相談してみてください。きっと自分にぷったりのアイテムを選んでもらう事ができると思います。日本画は、確かに敷居が高いのは間違いありませんが、その分、ハマったら末永く楽しめるのが日本画の世界だと思います。これまで敬遠していた方も是非、チャレンジして頂けたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  3. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
ページ上部へ戻る