川中商事が扱うLEDとはどんなもの?

川中商事は、LED照明の販売や企画開発事業をメインに据えています。まず川中商事が扱っているLEDに関して詳しく知っておきましょう。

■まずはLEDについて知ろう
LEDは「第4の光」と形容されることがあります。第1の光は「ガス灯」、第2の光は「白熱電球」、第3の光は「蛍光灯」です。1800年代初頭にガス灯が開発されてから、約60年おきに新しい光の形が開発されています。世代が変わるたびに、発光効率も大きく向上していきました。発光効率とは、エネルギーがどれだけ光に変換されているかということを表す数値です。例えばガス灯であれば、燃焼することによりエネルギーの多くが熱に変換されているため、発光効率は低めです。これは世代とともに向上していき、現在ではLEDが最も高くなっています。
LEDは発光ダイオードのことを指します。電気を通すことで発光する(電気を直接光に変換する)という性質を利用して、照明器具などに利用されることになりました。光を生み出すために必要な電力量が非常に少なくて済むというのが最大の特徴です。

■LEDがなぜ地球環境によいのか
LEDが地球環境によい理由は2つあります。1つは省電力であること、もう1つは耐久性による廃棄物の減少です。
上述の通り、LEDは発光効率が高いため、電力使用量を削減できるというメリットがあります。現在電力供給には大量の石油や石炭を用いており、CO2の大量排出が問題視されています。LEDへの移行は、必要電力を減少させる見込みがあるため、それに伴ってCO2の排出量も減少すると考えられます。これがLEDのが地球環境によいとされる第一の理由です。
第2の理由として、廃棄物の削減があります。LEDは従来の電球より長寿命であることが知られています。白熱球の寿命が1500時間程度であるのに対し、LEDは40000時間とも言われています。これにより、それまで排出されていた廃棄物が大幅に削減できると考えられます。もし現在全ての照明が白熱電球であった場合、単純計算で言えば95パーセント以上廃棄物を減らせるということになるのです。

■100年後の未来につなげる
川中商事は、LEDへの移行を推進することで、上述のように地球環境に優しい世の中を目指しています。世界的に大きな変化でなくても、各々が少し努力することでできる地球への配慮を提案しているのです。川中商事は100年後の未来を変わらない地球であってほしいという気持ちで事業を進めています。

川中商事のような企業は今後の日本や世界で、どんどん必要とされる存在になっていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロジェ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  3. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
ページ上部へ戻る