社会保険労務士の鏡!?関根義光さんの考える「褒めて伸ばす企業」

社員の作業効率最大化は、企業の基盤を確立するうえで欠かせないポイントです。しかし、多くの社員は経営陣と同じモチベーションで行動できません。今回は、社会保険労務士の関根義光さんが考える、企業の人材育成策についてご紹介します。

会社経営の悩みは尽きない
社員の勤務態度や出社や退勤等のコントロールなど、会社経営における悩みは尽きません。特に、設立直後の起業で友人とともに立ち上げたような会社では、組織化が進んだときに勤務態度の管理で困ってしまうという方も多いと思います。そこで、関根義光さんのような社会保険労務士の立場から、会社経営についてアドバイスを行う人の需要があるのです。

社会保険労務士の立場からのアドバイス
関根義光さんは、社会保険労務士ですが、給与計算や社会保険手当の手続きを行うだけではありません。勤務態度や出勤・退勤に悩まされる会社に対し、人事コンサルタントとしてアドバイスを行います。1,000人以上が在籍する規模の大企業から、スタートアップのベンチャー企業まで、関根義光さんは幅広い大きさの会社に対応しています。

のびのびやれる会社づくりを考案
会社で働く人材のモチベーションアップのために、関根義光さんは他の社会保険労務士とは違ったしくみを考えて、お客様に提案しています。できる限り就業規則や法律で縛らず、社員がのびのびやれる会社を目指し、コンサルティングを行っているのです。

社会保険労務士は、人事に関するプロフェッショナル。関根義光さんは、企業経営者が悩みがちな事柄に対しての知識を十分持ちながら、できるだけルールを作らない方法を模索します。社会保険労務士に相談する際は、ぜひとも彼に相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロジェ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  3. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
ページ上部へ戻る