昔は長船雅樹と一緒にツーリングに行っていた

長船雅樹は一言でいえば自由人、そして自分の思うままに生きる男です。スポーツカメラマンという仕事柄のせいか、スポーツを愛してやまない男でもあります。スポーツの試合などの臨場感を写真でとらえる、すごく素晴らしい仕事だと感じます。彼の撮った写真は何度も雑誌に掲載されていました。通常はフリーランスで行動しているそうです。好きなスポーツは柔道だが、写真で撮るならサッカーが良いと言っていました。彼とは大学で出会ったんです。特定ではありませんでしたが、スポーツを楽しむサークルに入り、彼と出会いました。

彼は当時、カメラが好きだと語っており、いつもバッグには一眼レフを持ち歩いていました。アルバイトで貯めたお金で買ったのだとか。私はバイクが好きで、彼も免許を取りたいと言っていた頃に出会いました。私のバイクに興味を示し、免許を取ったらいろんなところに一緒に走りに行こうと言われた頃から、よくつるむようになりました。長船雅樹は宣言通りすぐに免許を取得し、中型バイクを購入。よくツーリングへ行くようになりました。

他県へ出てみると、全く私の知らない世界が広がっています。それは彼も同じように感じ取ったみたいで、いつもツーリングへ行っては写真を撮り、風景を楽しんでいました。そんな彼がどうしてスポーツを追いかけるようになったのかはわかりませんが、このままカメラマンになるだろうとは思っていたものの、まさかスポーツカメラマンに目覚めるとはだれも想像していなかったでしょう。長船雅樹はこう語ります。「風景はその場にあるけれど、スポーツは追いかけないと良い写真は撮れない」と。風景を撮るにも天候やアングルなどで写真のできは変わるでしょうけど、彼は常に追いかけ続けたい性格だったようです。

私はもう10年以上バイクに乗っていませんし、昔乗っていたCBRも売ってしまいましたが、彼は今でも乗っているのでしょうか。雑誌などで活躍しているうわさを耳にはしますが、今は連絡を取っていないため確認しようがありません。昔に戻りたいな、と誰でも一度は感じたことがあるでしょう。戻れるわけがないけれど、私は、戻るとしたら長船雅樹とよくツーリングへ出かけていた、学生時代に戻りたいと感じています。あの頃が一番、自由で、風を感じながら気ままに生活していた時期だと感じます。良い青春を過ごしましたね。それもこれも、長船雅樹と出会ったことがきっかけだったと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  2. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
  3. 土気 塾のあすみが丘プロダクティブは、個人指導塾なので、一人一人に付き添うことで個人の学力を見極め、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る