金塚秀仁と畑仕事

無農薬栽培は、リスクの高い行為です。農薬散布を行わないため、虫が発生するリスクがあります。金塚秀仁は、収穫した作物を、一つずつ丁寧に検品し、虫や傷などを確認してから、良い商品のみを販売しています。個人の方で、無農薬栽培にチャレンジされる方は、彼のように丁寧な作業が求められるでしょう。彼はリスクの高さを受け入れた上で、熊本で農業に携わっています。最近、スーパーでアルバイトを始めた彼は、妻とともに作業効率の向上を試みています。

昔から、金塚秀仁の実家では農業を担っていたそうです。しかし、学生だった彼は家業に反発し、東京に出ることを選びました。現在は、農業の大切さを肌身で感じる日々を過ごしています。先入観に囚われない、彼のライフスタイルに憧れる若者も増えています。本質を貫けば、必ず得る物がある。彼はそう考えています。自分の考える、理想の農業を実現すべく、彼は日々尽力しています。妻や娘と共に農業に励む姿は、多くの方に共感されています。

金塚秀仁は気づいていませんでしたが、彼の畑仕事は、高い評価を得ていました。少なくとも、彼の友人や近隣の農家は、金塚秀仁の勤勉さに一目置いています。彼は基本に忠実でありながら、同時に未知の体験に積極的に挑戦しています。これは、彼の若さを象徴しています。若くないとできないことも多いため、彼の考えはあながち間違っていないとも言えます。しかし、彼が若ければできることも、徐々に限られていきます。彼は時間との戦いをしています。それこそが、彼の運命とも言えます。

農家の方々は、自分にはないものをお持ちだとか。彼らの経験は、彼にとっても勉強になりますし、先輩方の体つきは、農業に特化しています。お年を召した方も、筋肉が隆々であり、とても尊敬できるとか。金塚秀仁は、その点について、先輩方を尊敬しているそうです。農地での作業は奥が深く、常に足に豆が出来る毎日です。雨の日も風の日も畑に向かう事は大変ですが、都会時代よりは体力への負担がかかりにくいそうです。彼は、これからの日本を考え、畑仕事を続けています。

彼は、畑仕事を楽しんでいます。そうすることが、彼の人生における、生きがいを広げるきっかけとなるからだそうです。畑での出来事は、「自分にとっては取るに足らない事」、彼はそう考えています。彼の人生は、この国においては、ほんの一部に過ぎません。彼は、この国の一つの細胞として、その人生を全うするつもりだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロジェ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになっていますが、そのなかでも確実な効果を求めてエステサロンを通…
  3. 川口 腰痛で悩んでいる方が利用しているプライマリーカイロプラクティックは、カイロプラクティックを中心…
ページ上部へ戻る