韓国旅行は楽しい

社会人の社員旅行で韓国に行きました。
私は初の海外旅行で怖いやら楽しいやらドキドキの毎日でした。
先輩の荻原綾さんと一緒に韓国旅行を過ごしました。

韓国の繁華街は実は夜の12時から朝方にかけて開くのです。
真夜中に街に繰り出し、値切りは当たり前、かたことの英語と日本語で値切りまくりました。
バッタ物のブランド製品を床にばらまき、おまけに一つ持って行っていいよっていう人もいましたが、あまりのバッタ物の多さにビックリしました。
荻原綾先輩はバッタ物のブランド時計を購入していましたが、半年くらいで壊れていました。
ぱっと見分からないのがやはりバッタ物の怖さですよね。

ホテルまでタクシーで帰ったのですが、同僚は多くお金を取られていました。
事前にこのタクシーには乗ったらいけないという注意事項はあったのですがやはりそのタクシーに乗ったところぼったくられたようです。
いかにも海外旅行の怖さだなと痛感しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、訪日外国人旅行者の旅行消費、いわゆる「インバウンド消費」が増加しています。観光庁によると、20…
  2. 地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければ…
  3. 人気上昇!今田美桜とはどんな人物?フジテレビのドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の…
ページ上部へ戻る